クオーツモデル

ディスプレイ及びボタンの説明 時刻の設定

1. 竜頭を位置IIに引き抜いてください(腕時計が止まります)。 2. 正確な時刻になるまで竜頭を調節してください。 3. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

日付表示付きクオーツモデル / 自動モデル

ディスプレイ及びボタンの説明 時刻の設定

1. 竜頭を位置IIIに引き抜いてください(腕時計が止まります)。 2. 正確な時刻になるまで竜頭を調節してください。 3. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

日付の設定

1. 竜頭を位置IIに引き抜いてください。(腕時計が動き続けます) 2. 前日の日付が現れるまで竜頭を回してください。 3. 竜頭を位置IIIに引いてください。(腕時計が止まります) 4. 正確な日付が現れるまで竜頭を回してください。 5. 正確な時刻が現れるまで竜頭を続けて回してください。 6. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

GTM のモデル

ディスプレイ及びボタンの説明 時刻の設定

1. 竜頭を位置IIに引き抜いてください(腕時計が止まります)。 2. 正確な時刻になるまで竜頭を調節してください。 3. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

日付の設定

1. 竜頭を位置IIに引き抜いてください。(腕時計が動き続けます) 2. 前日の日付が現れるまで竜頭を回してください。 3. 竜頭を位置IIIに引いてください。(腕時計が止まります) 4. 正確な日付が現れるまで竜頭を回してください。 5. 正確な時刻が現れるまで竜頭を続けて回してください。 6. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

注意:時計の針が午後9時から午前12時30分の間にあるときは、日付調整をしないで ください

設定第二時區時間

1. 竜頭を位置IIに引き抜いてください(腕時計が止まります)。 2. 24時間計を調整するためには3時位置のプッシャーを押してください 3. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

クロノグラフモデル(5030.D)

ディスプレイ及びボタンの説明 時刻の設定

1. 竜頭を位置IIIに引き抜いてください (腕時計が止まります)。 2. 正確な時刻になるまで竜頭を調節してください。 3. 竜頭を位置Iに押し戻してください。

A  時針 B  分針 C  秒針 D  竜頭 E  日付 F  時間カウンター G  秒計 (秒カウン ター) H  分カウンター I  24時間計針 J  プッシャ 1 (リセット) K  プッシャ 2 (起動 /停止) L  プッシャ 3

クロノグラフ ―クロノグラフの時間カウンターは12時間まで時間を計ります。 ―分カウンターは回転につき30分を計ります。 ―秒カウンター (秒計) は回転につき60秒を計ります。

注意! クロノグラフ機能をご使用の前に、以下のことに確かめてください。 ―竜頭は位置Iにある。(=正常な位置) ―プッシャ1を起動後、3本のクロノグラフ針は正確にゼロ位置に位置してあります。 ―もしそうでなければ、針の位置は必ず調節されてあります。(詳細は【クロノグラフ指針をゼロ位置に    調節する】を参照)

クロノグラフ:基本機能 (開始/停止/リセット)

1. プッシャ2を押して秒計を起動します。 2. 計時を止める場合にはプッシャ2をもう一回押してください。 3. 3本のクロノグラフ針をゼロ位置にリセットする時にはプッシャ3を押して下さい。

( 開始/停止/リセット)時刻の設定

1. プッシャ2を押して秒計を起動します。 2. 計時を止める場合にはプッシャ2をもう一     回押してください。 3. 3本のクロノグラフ針をゼロ位置にリセットする     時にはプッシャ3を押して下さい。

クロノグラフ:中級或いは間隔計時

1. プッシャ2を押して秒計を起動します。 2. プッシャ1を押してクロノグラフを止めます。     注:クロノグラフ針が止まっても、作動装置は現在のタイミングを記録し続けます。 3. 計った時間を仕上げます:プッシャ1をもう一回押してください。     そして、3本のクロノグラフ針は進行中の計った時間に快速に進みます。間隔を記録し続ける場合、     ッシャ1を押し続けてください。 4. プッシャ2を押してください。最終の時間が表示されます。 5. 3本のクロノグラフ針をゼロ位置にリセットする場合、プッシャ1を押してください。

クロノグラフ指針をゼロ位置に調節する

1.  竜頭を位置IIIに引き抜いてください。(3本のクロノグラフはそれぞれの正確または不正     確なゼロ位置にあります) 2. プッシャ2と1を同時に最短2秒間押し続けて下さい。(秒計は3 60º 回転します - 補正     モードは起動されました)

3. プッシャ2を押して秒計をステップ実行してください。秒計を速く進むため、プッシャ     2を 押し続けてください。プッシャ1を押して次の針を進めてください。 4. プッシャ2を押して時間カウンターをステップ実行してください。時間カウンターを速く     進むためプッシャ2を押し続けてください。プッシャ1を押して次の針を進めてください 5. プッシャ2を押して分カウンターをステップ実行してください。分カウンターを速く進むた `     めプッシャ2を押し続けてください。 6. 竜頭を位置Iに戻してください。

防水

全ての Glam Rock 腕時計は 5 ATM(50 m)の最小限の防水定格で設計されています。 時計の防水性はちり、湿気及び水に浸した時などの損害リスクから装置を保護します。 各時計のおすすめの防水定格はガイドラインのチャートをご参照ください。腕時計が水と接触する際には、竜頭の位置を調節しないことをご注意ください。水がケースに入り装置への損害になることです。ねじ込み式の竜頭 (Screw-down crown) のある時計に関し、竜頭が適当な位置にあり、水と接触する前に完全にロックされたことを確かめるのは重要です。クロノグラフ機能がある時計に関しては、腕時計の内部に入った水によって装置を損害する可能性があるためクロノグラフを水の中に使用しないでください。

使用予防措置(防水)

以下のチャートで示された通り、全ての Glam Rock は使用に耐えるように設計されています。

保護及び予防措置

各々の Glam Rock は最高の標準を上回るために設計及び製造されています。 分の他の機械と異なり腕時計はノンストップで動きます。お客様の腕時計を最適な性能 と長命に確保するために、お持ちの時計の保護及び予防措置簡易ガイドラインをご参照 ください。

保護

お客様の腕時計は柔らかい布と水だけで清掃してください。水に入れないでください。塩水 に接触したご使用後、必ずきれいにすすぎ、柔らかい布で拭いてください。金属ブレスレット のニュールックを維持するため、定期的なクリーニングをおすすめします。柔らかいブラシを 暖かい石鹸水に軽く浸し、やさしくブレスレットをこすってください。長く使用でき、問題なく 操作できるように、お客様の腕時計を18-24ヶ月ごとに点検することをおすすめです。

予防措置

お客様の腕時計は熟練した職人によって、複雑なパーツと構成部品から統合したものです。 若干の行動或いは環境状況によって、お持ちの腕時計を最適な機能を妨げる、または損害 を与える可能性があります。以下の状況を避けることが重要です:極熱、極寒、または直射日 光への長時間暴露、時計の防水性 (ケースの後ろ及びチャートを参照) を超えた湿った環境 への長時間暴露。腕時計が水と接触する際には必ず機能ボタン及び竜頭を作動しないでく ださい。お客様の腕時計はテレビやステレオなどのような家電製品より起こした磁場に影響 されませんが、機械装置を中途妨害する可能性のある他の強い電場静電気を避けるのがお すすめします。それに、極端な電撃或いは衝撃を避けることも重要です。